にんにく注射 成分


今話題のにんにく注射の成分についてご紹介します。

にんにく注射は、にんにくをおろしたりつぶしたりして
絞ったエキスを注射する……のではありません。

にんにく注射はにんにくから抽出したエキスではなく、
科学的ににんにくに似た成分の液体を作り出し、
それを注射します。

にんにく注射の主成分はビタミンB1です。

ビタミンB1は疲労回復に効果があるとされ、
にんにくはもちろん、豚肉などにも多く含まれています。

なぜ、にんにく注射と呼ばれているのかというと、
それは注射液からにんにくの匂いがするからです。

にんにくの匂いの素は「アリシン」という成分です。
このアリシンが注射液に含まれていると、にんにくの
匂いがするというわけです。

病院によっては、アリシンを含まないにんにく注射
あります。

にんにく注射の成分はこれ!と決まっているわけではなく、
病院によって違ってます。

仮にアリシンが含まれているにんにく注射を打たれても、
匂いは注射を打たれている時に、少しだけ感じることが
できる程度です。

にんにく注射をして、他の人ににんにく臭いと
思われるようなことはありませんので安心してくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。